10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--/--/-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

出口の年の御用納め 

  今年も呆気なく終わってしまします。
振り返ろうにもあまりの時間が経つのが早く、今年のことだったのか昨年のことだったのか一瞬わからなくなってしまします。

 僕にとっての今年一番の事件といえば6月に投資ファンド傘下にあった勤務先がバイアウトされたことに尽きます。
2007年に投資ファンド傘下となって5年、同業他社や業界紙記者などから投資ファンドがどのような出口戦略をとるのか、関心を持たれていましたし、投資ファンドもメディアに対してIPOに取り組んでいると吹聴していましたから、5月の発表の際には驚かれました。(一番驚いたのは従業員と勤務先のIPO引受をしていた主幹事証券だったと思います)
 僕はIPOの事務局を担当していましたが、春先のある時点から並行してDD対応にも関わりました(ひとり法務なもので)。
その最中に「これは売却だな」と確信しました。それからまもなく投資ファンド経由で買主が公取委に提出する企業結合審査の書類作成の仕事が僕のところに回ってきました。その瞬間、IPOは中途で終わりかと正直気が抜けたことを覚えています。また書類が回ってきた日はちょうど某月刊法律誌主催の読者交流会当日でしたので、口を滑らさないようにするのが大変でした。
 
それからあとは株式譲渡承認株主総会や役員等変更登記の準備などに追われ、その頃の手帳を見ても毎日何をやっていたのかよく思い出せません。(終わると忘れる、という面もありますが)

 証券業界まわりからは(主幹事証券を除く)今回の投資ファンドの勤務先売却は「出口としては、概ねよいほうじゃない?」とかお祝いのことばをかけられましたが、僕ら対象会社は商いをやめるわけではなく続けていくのですから、「出口」でもなんでもなく、また今回は異業種の子会社になったため、新たに別のハードルが並べられたということだけです。だから「出口」を連呼されると凄い違和感を抱くのですが、 M&Aの世界では取引の対象会社が自らを語るための言葉はないのでしょう。(当然といえばそうかもしれませんが)そこのところがなんとなく悔しいですね。

 ともかく
並べられたハードルの本数と高さを見つめながら、来年はどのように生きていくかぼんやりと考える御用納めの日です。

 皆様も今年1年お疲れ様でした。

関連記事
スポンサーサイト

カテゴリ:法務

2012/12/28 Fri. 00:48 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

« 軽く、深く
企業城下町でつらい決断ができるか »

コメント

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://msutenatakano.blog.fc2.com/tb.php/95-fe091c40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。