08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--/--/-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

月並ですが上半期のまとめ 

 月並で何の工夫もありませんが、上半期が終わり一区切り、ということで。

 今年の上半期は、5月12日付の本ブログでも触れたように勤務先が投資ファンド傘下から事業会社(上場企業)にバイアウトされたことに尽きます。
 投資ファンドは当然いくつかの出口戦略を持っているわけで、彼らにとってモアベターな選択肢をとったまで。その決定に我々が対抗する余地はほとんどないのですが、一方でIPOという選択肢のために1年以上準備を進めていて、申請直前期の年度末でのDD開始はさすがに驚くと同時に呆れたというのが正直なところ。

 4月中旬以降は、6月の株式譲渡と株主総会の準備に追われましたし、それと並行して勤務先の子会社化に向けての協議など。
 IPO準備の最中は主幹事証券にグループ会社の管理方法についていろいろと指摘され、体制も整え改善を進めていた矢先にいきなり管理される側に回ったのですから皮肉なものです。
 異業種(小売流通)による買収ですから、管理指標や管理方法も異なります。恐らく互いを完全に理解することは難しいと思います。実際諸々の協議においても、なかなか埋めることのできない部分があります。
 しかし、最終的には100%子会社である以上は従わざるをえない..のが現実。ここはある種の割り切りが必要なのかもしれません。

 さてこういう状況で自分(法務職)がどうなるのかという点ですが、親会社との折衝事項があるので当面(少なくとも今年度中)は今のままなのでしょうが、その先はまだなんとも。子会社にわざわざ法務部門など置かない、親会社で管理、となるかもしれないし、異業種なので子会社にはやはり置いておくか、となるかもしれません。まだそこまでの議論には至っていないようですし、案外こちらが絵を描いたほうがいいような気もしています。
 
 まあ、5年間で2回も勤務先が売買されるとは思いませんでしたし、どうもこういう経験はまだ例が少ないようなので、せっかくなのでもう少しこの状況に身を置いてみよう、というのが正直な気持ちですね。
 


関連記事
スポンサーサイト

カテゴリ:備忘録・雑感

2012/09/30 Sun. 20:00 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

« 消費者関連の話
リコール 一番長かった6月 18 »

コメント

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://msutenatakano.blog.fc2.com/tb.php/79-f33b5de3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。