08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--/--/-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

リコール 一番長かった6月 14 

【記者会見 その後1】

翌日の新聞紙面の報道は事実ベースのもので、メディア側がリコール活動促進の旗振り役の立ち位置についたことがはっきりしました。(本来のメディアの役割といえばそうですが)TVの情報番組でも取上げる動きがあり、数局から問い合わせが続きました。いずれもリコール周知が趣旨で、この点からもリコール会見は成功だったと思います。

会見の二日後、2件目の事故の照会を依頼していた所轄消防署から電話連絡がありました。
依頼してから2週間以上経過していました。この時期は渋谷でスパの爆発事故が発生した時期であり、当時消防署は類似のスパ施設の安全点検に追われて多忙だったとのことですが、多分報道が連絡の後押しになったような気がします。

連絡の内容は、「火災事故が発生した」「COが発生、出動時は鎮火していた」「被害者がいた」「当該機器の周囲が燃えていた」「火災の原因は特定できなかった」「「被害者の情報については自治体の個人情報保護条例により一切開示できない」といったものでした。我々とすれば、被害者情報を把握したかったのですが条例を理由にされた以上深追いはできません。
この連絡の内容を書面でいただけないか打診したところ、即日は無理だが要望には応えるという回答を頂きました。

さて消防署の回答を得たところで、その対応です。
本件は、6月の時点で単独リコールに踏み切るか否か議論になり、行政サイドの確認が取れてから改めて協議という結論になっていましたが、ここで正式に「事故」と位置付けされたわけです。
協議会に報告し協議したところ、公表で方針決定されました。本稿8で触れたリコール対象機器追加について、当事者メーカーでリコール会見時に全容が纏まらず、再度会見することとしていましたので、その機会に併せて本事故も公表という筋書きで、経産省に打診することとなりました。

懸案は「事故隠し」として取られるかどうかだったのですが、調査を進めるうち、事故当時機器周囲が燃えていた点で火災原因かどうかは別にして、通常製造販売元に来るはずの警察か消防からの連絡がなかったことが判明しました。(所轄消防も確認)
これを理由に淡々と事実ベースで相談しようということになったのです。(続く)
関連記事
スポンサーサイト

カテゴリ:リコール

2012/08/11 Sat. 15:11 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

« リコール 一番長かった6月 15
リコール 一番長かった6月 13 »

コメント

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://msutenatakano.blog.fc2.com/tb.php/73-0220d9d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。