06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--/--/-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

リコール 一番長かった6月 2 

【衝撃】

「まさかこんな事が!」「そんなバカな!」ということが起きたとき、人はまずどのようなリアクションを取るでしょうか。
落ち着いて、次々と打ち手を講じることができるでしょうか。法務パーソンとして経営陣に適切な働きかけができるでしょうか。

5年前の6月。
行政当局の指導(怒りか..)のもと、業界団体で共同製品リコールの準備を行っている最中にそれは起こりました。
リコールを実施するにあたり、まず行政当局がプレスリリースを行うということで、対象製品の総出荷台数、その時点での回収率について精査を重ねていました。なんといっても中央省庁が行うリリース内容に間違いがあってはならないからです。

10数年前(1990年代前半)の過去の書類をほじくりかえしていたところ、「昨年、(製品が原因と思われる)火事で死亡事故があったと建物オーナーからきいた」という一文がある書類が見つかりました。
すぐさまその情報はリコール対策の事務局に届いたのですが、ベテラン社員含めてその「死亡事故情報」については初耳でした。またその書類以外、その「死亡事故」に関するものを見つけることはできませんでした。

つまり
・伝聞情報である「死亡事故」の事実確認を行っていない。
・事実確認を行っていないため、事故当時の法令に従った行政当局への「事故報告」を行っていない。
・事故が事実であれば過去の時点において法令違反(事故未報告)を犯している
・事故原因が製品にあるかは別として、亡くなられた方とご遺族への対応をとっていない
と考えざるをえませんでした。

おりしもP工業やM電器産業の不祥事・製品事故が話題になっていた時期です。

文字通り「衝撃」でした。

この情報をどのように業界団体や行政当局に伝えるか、今からどのような対応をとるべきなのか、苦悶の日々が始まりました。


*注:繰り返しお断りしますが、本件は経緯を含めて共同リコール記者会見で公表しています。エントリーの内容は過去の不祥事の内幕を暴露するものではありません。



関連記事
スポンサーサイト

カテゴリ:リコール

2012/06/08 Fri. 06:00 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

« リコール 一番長かった6月 3
リコール  一番長かった6月 1 »

コメント

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://msutenatakano.blog.fc2.com/tb.php/56-f9413107
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。