06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--/--/-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

本社の仕事 

  パナソニックの本社規模削減のニュースと某所に掲載された某コンサルの本社不要論にふれて。

 僕は営業部門や販売子会社に籍をおいたこともあるし、今は持株会社の管理本部などいわゆる本社部門に籍を置いています。かれこれ四半世紀に及ぶ会社員生活を非本社部門と本社部門とほぼ半々の割合で過ごしていることになります。だから
そのときどきで 「本社なんて現場のこと、全然わかっていないな!」「どうして現場はいうことをきかない!」と科白を吐いています。立場が変わればなんとやらですが、その立場なり役割に就いてみないとわからない事はあるものです。

 某コンサルの本社不要論は極論としても、本社部門というのは必ずしも効率的な業務運営がされているとは限りません。過去から綿々と続く定型的・単純業務をこなしているところも確かにあると思います。このような業務は比較的人件費が高い本社部門の人間が従事するよりはアウトソーシングした方がよいに決まっています。
 問題はアウトソーシングしたあとの話です。定型業務から解放されたはいいが、実は他にやれる業務がなかった、やりたい業務がなかった、などという人になってしまったら、まさに「本社不要論者」の餌食です。(もっともこのような人は本社部門でなくとも生き残りが難しいですが)
 では本社部門の仕事とは何なのでしょうか?

 あくまで僕の経験からなのですが、販売でも製造でも現場というのはどうしても今日、明日、長くても1か月ぐらいの視点で物事を捉えざるをえない面があります。現場はナマモノのようなものですから、その場その場での対応力が要求されます。今目前でライバルにもっていかれそうな注文を取り戻す、きつい短納期要求に応えて製造するといったことが重要事項なのです。
 これに対して本社部門は、通常であれば毎日現場のように追いまくられるような状況にないわけですから、中長期的な課題に取り組むことができます。例えば現場でバトルを繰り広げているライバル企業との事業提携企画、パブリック・アフェアーズ、IRの充実といったところでしょうか。

 数年前、販売子会社にいた頃、メンバーたちにいわれたことを今でも覚えています。

「現場の仕事はきついけれど、最初から承知して働いている。本社の人は一緒に汗をかきますといってくれるけれど、そんなことを頼むつもりはないすよ。そこは俺らプロだから。プライドあるから。何としても売るよ。その代わり本社の人は、俺らに3年後、5年後の夢をもたせてくださいよ。そういう仕事をしてくださいよ。」

 そういう仕事がアウトソーシングでできるわけないじゃないですか。


関連記事
スポンサーサイト

カテゴリ:備忘録・雑感

2012/05/30 Wed. 00:31 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

« リコール  一番長かった6月 1
つぶやき岩の秘密 (新潮文庫) »

コメント

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://msutenatakano.blog.fc2.com/tb.php/54-0d4aaa3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。