08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--/--/-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

新人研修 

 爆弾低気圧が接近した日、茨城の工場で研修中の販売部門の新入社員相手に講義。
30分程度でCSRやコンプライアンスについて何か講義してくださいというオーダーを受けたからなのですが何を話すか直前まで悩みました。
 会社員としてまっさらな状態の彼ら彼女らに「法令等順守とは..」などと講釈をしたところで、退屈な時間になるだけですが、これは少しは説明せざるをえません。どうしたら少しでも記憶に残るだろうかと悩み、結局「(企業のなかでは)誰もが不正・違反のリスクを抱えている」「企業不祥事に関係すた人も最初は新入社員だった」「不正・違反行為に巻き込まれるパターン」などを駆け足で説明、最後は「ひとりで悩まないように」内部通報制度のPRでしめるという形にその場で納めました。やれやれ、どこまで記憶に残すことができたか冷や汗ものですが、女性社員が内部通報制度のところでメモをとる姿をみかけたので少しは関心をもってもらえたのではないかと期待しているのですが。

 僕も営業マン時代があるので、営業マンが道をそれていってしまった実例をいくつか見聞きしています。売掛金の回収トラブル、マージンの支払いトラブル、納品や工事ミス、取引先からの無茶な値引き要求、自分のミスなど様々なことが起こります。そしてそのような事態のときいかにもこいつは悪だな、というタイプではではなく、真面目そうな人間のほうが不正、違反に巻き込まれるのです。そして周囲はその意外性と事態の深刻さに二度驚かされるのです。(もっとも周囲が本人を追いこんでいる原因の場合もあるのですが)
コンプラ違反について「人間性弱説」を説かれた弁護士か教授がおられましたが、それは真実をついていると思います。

 新入社員は僕の時代とは比較にならないレベルの厳しい就活を過してきているのですから、せっかく入社したからには不正・違反行為を起こしたり、また巻き込まれてほしくありません。

 あー、もう少し別の伝えかたがあったかもしれない..

関連記事
スポンサーサイト

カテゴリ:法務

2012/04/05 Thu. 00:09 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

« 正しい会社の売られ方 9の2
ああ四半世紀 »

コメント

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://msutenatakano.blog.fc2.com/tb.php/39-1cfc47f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。