10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--/--/-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

他人事ですむか?品質低下 

 

 年初に青山の高層マンションでの配管等スリーブ不足、春先白金の控訴運マンションでの鉄筋不足が発覚、そして今回マンションの傾き(不同沈下か?)のニュースなど、建築・施工の品質不足、低下に関するニュースを目にします。
5月25日号(ちょっと時間が経っていますが)の「日経アークテクチュア」で「品質崩壊の足音」と題した特集記事を組んだのも業界メディアも危機感を募らせていることの現れでしょう。
Q:建築品質トラブルが今後増えると思うか に対して86.1%の建築実務者(母数360名)が「増える」と回答した円グラフを表紙にしています。(写真がアップできたら後ほどします)
 特集記事の内容は、今現場で何か起きているか、前述の建築実務家に対するアンケート結果、人材育成という構成です。

 実務家のアンケート回答(技能者不足、コスト削減の影響、設計者のスキル不足)は、今に始まった話ではありません。
僕がゼネコンの建築現場を回っている営業マン時代(20年近く前)でも、「若い世代が現場に出たがらなくて」「現場をみないでCADばかりで図面をひく」など現場所長がこぼしていました。それ以降具体的な手が打てず、ここに至ったということでしょうか。元請のゼネコンですら危機的状況なら、その下請になる業種は推して知るべしで。厳しいコスト要求で「請負(うけまけ)」させられていた協力業者に至っては技術者を育てたくとも育てられません。重層的下請構造のもとでは結局協力業者の「技術」が建築の品質の肝です。設計者や元請のスキルが「あれ?」でも協力業者で支えていた、というような現場がバブル期のときにはありましたからね。今は支えきれなくなった、ということです。


 さて、仕事の品質低下は建築業界だけの話で済むか、という点。
 仕事量が多いので実作業は協力業者任せ、買い手市場なので人材育成は後回し、コストは毎回切り下げる。
こういうのは建築業界だけではないのではないかと思うのですが、どうでしょうか。
 
 追記です。

 日経アーキテクチュアの特集では品質確保の根幹は人作りにあり、とあるゼネコンの人材育成の事例が紹介されています。「現場任せ」だけでは「現場力」が取り戻せないということの反省からなのでしょう。ただ時間も費用もかかりますので、すべての業者ができるわけでもありません。

 また下請となる我々も同様です。
 以前、設備機器、資材メーカーの会合である損害保険会社の方から、「もう協力業者任せでは人材確保も育成は期待できない、施工品質が落ちるだけ。メーカーがちゃんと技術者、職人を雇用して育成するという発想に切り替えなさい」といわれたのですが、正規雇用となると経営基盤が強固な事業者でないと踏み込めません。 
 
 品質確保の点からも業界再編、淘汰の波がくるような気がしています。
関連記事
スポンサーサイト

カテゴリ:書籍その他

2014/06/10 Tue. 06:52 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

« 事業継承にどこまで関われるだろうか
正しい会社の売られ方 それでも会社は続いていく »

コメント

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://msutenatakano.blog.fc2.com/tb.php/181-44d5e4cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。