08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--/--/-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

新入社員研修 

  本日は午後の時間帯で新入社員研修の講師を仰せつかっています。2時間ほどのコマを割りふられました。
1日(火)の入社式以来迎える初めての休日直前、新人も緊張半分、弛み半分といったところでしょうか。
そんな時間帯でCSRやらコンプライアンスやらを説け、というのも酷な話ではあります。
しかし、定期中途を問わず入社時には必ずコンプライアンス研修の時間を設けるようになったことに時代の流れを感じざるをえません。
 自分が新入社員だった80年代後半、まだ「CSR」とか「コンプライアンス」ということば研修中きかなかったですからね。
代わりにあったのは「●●精神とは」(●●には冠企業)という時間で、創業者の偉大な功績やらお言葉をきかされ、その「企業」に適した人材になるよう求められました。そのときは配属先が当の会社に売られてしまうとは思いもよりませんでしたが。

 自分の息子や娘、といってもいいような年頃の社員にいったい何を伝えればよいのか。ぱらぱらとパワポを作り、話の仮組立はしたものの、やはり本人たちの反応をみながら話を差し替えるしかないかと思う朝です。

 事前にもれてくる話では「スマホは使えるが、PCは苦手。」とか「音楽の話は全然合わなかった」とか(当たり前だろ)とか。衝撃だったのは、前者。スマホでだいたいの用事が済むので、キーボードにほとんど触れてこなかったという話。
間違いなく時代は変わっている。


 つづきは追記で。

追記です。ほぼ雑感ですが。
「コンプライアンスの基本は、日常業務の基本に忠実である事です。それは始業30分前に出社して新聞を読むことからです」と切り出そうとしましたが、思い切り滑りそうだったのでやめました。新入社員が思いのほか、真面目にこちらを向いていたからかもしれません。27年前の自分の姿は当時の管理職にどのように映っていたのでしょうね。

 それはともかく、CSR(企業の社会的責任)、コンプライアンスといったものを入社3日めの若者にどのように説けばよいのか。休日を目前に控え、緊張が緩んでくる金曜午後の2時間を飽きさせず、眠らせないようにする、というところがポイントになるといえばポイント。
 結局強調したのはいつもの通り「まず業務の基本、業務に必要な知識を身につけること」「ばれない悪事はない」「不正を起こす、不正に巻き込まれる可能性は誰にもある」。強調したつもりでも伝わったかは、冷や汗もの。日報にどう書かれたことやら。
 IT部門長と相談して滑り込ませたのがSNSとの付き合い方。質問したところ、全員がTwitter、Facebookの両方のアカウントを持っていましたからね(当然か)。昨年あちこちでやらかした者と同世代なので、警告とそんなことで仕事を棒に振るなという気持ちから。このパートは少ししつこかったかもしれません。

 ひとつの会社で定年まで勤め上げるという時代ではありません。
入社式や集合研修といったものは見方によっては「古い」かもしれません。
しかし社員教育、人材育成を疎かにするわけにはいきません。疎かにした期間は、ボディブローのようにあとから確実に効いてきます。本当に組織の「膝」にきます。
 なので準備に時間がかかりますし悩むことも多いし、声も枯れることがあるのですが、今後も研修講師は引き受けますよ。
 


 


関連記事
スポンサーサイト

カテゴリ:研修など

2014/04/04 Fri. 06:50 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

« 永遠のテーマ? 債権保全と回収
27年経った日に思うこと »

コメント

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://msutenatakano.blog.fc2.com/tb.php/170-93169354
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。