08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--/--/-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

27年経った日に思うこと 

 毎年のパターンですが、区切りのタイミングなので。
 3月31日。入社式と集合研修が行われる茨城県のとある駅に降り立ったあの日から、ちょうど27年(うあああ)
ひょっとしたら、このブログを読んでいただいている方のなかには、「まだ生まれてませーん」という方がいるかもしれませんね。
 思えば遠くにきたものだ、といえればよいのですが、果たして「遠く」まできているのか実感がないのが正直なところ。
そもそも40歳以降「迷走」しているしねえ。

 入社当時のR50世代(要するに今の自分ね)というのは老けこんでみえました。特に上席管理職なんぞをみるとまもなく「上がり」という雰囲気があったものです。今の自分はといえば未だに時間に追われ駆け回る、よろず請負の域をでていません。多少は依頼して終わり、という仕事もありますので常に前線にいるとはいえませんが、現場のどこかにはいます。そのこと自体は幸いなことだと思います。
 しかし今年はいつまでもそうもいっていられないだろうという思いが強くなっています。
にわか法務とはいえ、ここ数年の出来事を通じて自分の中に貯めてきたものを誰かに引き継いでおかないとまずいなと。
法務に限らず、少人数の業務体制は業務内容、業務関連する情報(人脈含む)経験値がどうしても属人的なものになってしまいます。このような体制だとある人が何らかの理由で不在になると、定型的な業務はマニュアルによる引き継ぎでなんとかなるものの、例えばその人が持つ情報や経験からくるある種の「判断基準」などは簡単に途切れてしまいます。途切れるというか「消滅」ですね。いったん消滅したものは簡単には取り戻せません。(これが本当にボディブローのように効いてくるのです)
まあ、僕の(ある種の)経験なり情報が今後も必要かどうかというところがまずありますけれどね。

 雑感ついでに、今更感ある話題。
 やっと故大滝さんの「EACH TIME」がAmazonから届きました。このアルバムは再発、リマスタリングされる度、ミックスや曲、曲順が違うというものだったのですが、LPから始まったエディションも30年かけて「完成」を迎えたということで。
「完成版」を聴くことができる喜びと、もう二度と新しいエディションを聴くことができない寂しさの両方を思いを抱えて聴いています。
 


EACH TIME 30th Anniversary EditionEACH TIME 30th Anniversary Edition
(2014/03/21)
大滝詠一

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

カテゴリ:備忘録・雑感

2014/03/31 Mon. 00:09 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

« 新入社員研修
仕事の後味 »

コメント

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://msutenatakano.blog.fc2.com/tb.php/169-0288a3d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。