08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--/--/-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

子会社はつらいよ!? ビジネス法務 2013年 11月号  

 某所で数名、本誌特集のタイトルをみて僕のことを思い浮かべたそうで、本当に光栄です。
さすがに子会社企業の法務担当者の手による記事はありませんでしたね。実名では掲載できないし、匿名でもけっこうな勇気と工夫がいるでしょうし、そもそもビジネス法務さんでは匿名記事をみたことがないですね。この辺がBLJさんとの違いでしょうか。

 何回もいうようですが、僕自身が転職したわけでもないのに既に3回目の「子会社の法務」です。
形態としては①会社分割による子会社化 ②売却による投資ファンド傘下企業 ③事業会社の買収による子会社化、といろいろな事情を経由しています。苦労というか悲哀というか、まあ会社もいろいろとしかいいようがありません。
①はなんというか血を分けた子会社ですので面白くない部分はあるにせよ、苦労というほどのものはありませんでした。最後に売却されるときを除いて、ですが。
②については、「ハンズオンによる経営再建」でしたから、最後のバイアウトのときを除いては運命共同体です。
で、③です。現在です。なんといえばよいのだろう。びびりますね、悪口をいうつもりはないのですが。

 同業界、同業種の企業による買収⇒子会社化の場合、マーケットやビジネスモデル、商習慣、製品・サービスについて共通している部分がありますので、どういうロードマップで経営統合を果たしていくかということに課題は絞られるのではないかと思います。しかし、異業種で親子関係になった場合はどうでしょうか。(この点、ビジ法の特集記事ではあまり触れられていませんでしたね)

 異業種の場合、そもそもビジネスの根幹となるもの、企業の価値(利益の源)をどこに置いているのかがまったく違います。管理する経営指標が違えば、内部統制評価システムが異なります。会社の機関設計やガバナンスの考え方から販売現場の管理方法まで異なります。事業拡大のために異業種の子会社化をしたとはいえ、その子会社が属する業界のことに精通しているとは限りません。親会社は親会社の論理で命令なり指示を出してきますが、許認可や免許の都合でそれがすぐに実行できないことがあります。親会社の意向とはいえ断らざるをえない場合に、そのことをどのように伝えるか、理解してもらうか....実は内部統制だとか契約書管理といったことよりも、このようなことに時間を使うほうが多いのではないでしょうか。

 親会社の誰を通じて話をあげたほうがよいか、といったことをあたっていくうちに親会社内の社内勢力分布を知るとか、なんかしょうがないことで頭を使うのですよ、実際のところ。子会社事業管掌の役員から「○○の件について、あれはおたくのいう通り無理みたいだからそれ、私が社長に説明するよ。だから資料を作ってくれ。A4で1枚程度で。明日の朝まで。あまり難しいことば使わないでね。あ、それからNOの話だけだと社長は激怒するから代案も2つ、3つ」ということもあるようなないような。
 また親会社だからといって、すべての面で子会社より整備されているとは限りません。企業買収で急成長・急拡大した企業は、案外自身の内部管理の整備が追いついていない場合があります。子会社法務からの問い合わせに対して「あー、それ必要ですよね、まだ整備できていないんですよ」とか、監査のおりに規則集をみて「この規則はいいなあ、拝借するか」「内部統制システム、こんなレベルまでやっていたんだ。ここまでは要求しないよ」というようなこともあるようなないような。

 法律誌に掲載できるような、リーガルな?悩みもあるにはあるのですが、業態の違いからくる様々な溝をどうやって塞いでいくか、親会社から塞いでくれることは期待できないので、子会社が身を粉にしていくしかないのか、宿命として受け容れるしかないのか、じっと手を見て悩むという感じですね(どういう感じだ)

 でも子会社であることのメリットもちゃんとあるのですよ、と最後に持ち上げざるをえないのでやはりビジ法11月号特集で企業法務担当者が記事を書くのは難しかったか、とここまで書きなぐって気がつきました。

 ところで特集の正式タイトルは「親会社に知ってほしい子会社が抱える悩み」でした。勝手に「子会社はつらいよ」に変換してしまいました。
 

ビジネス法務 2013年 11月号 [雑誌]ビジネス法務 2013年 11月号 [雑誌]
(2013/09/21)
不明

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

カテゴリ:法務

2013/09/26 Thu. 23:47 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

« 講演:最近のPL事情 をきいてきた
ポシション 出番は自分で作っていく »

コメント

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://msutenatakano.blog.fc2.com/tb.php/136-4c25ae60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。