08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--/--/-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

仕事人生のエンディングをぼんやりと思う 

 昨日は、相談役(前社長)退任にあたっての役員、執行役員クラスによる歓送会でした。
僕は役員ではありませんが、取締役会事務局を担当している流れからなのかよくわかりませんが、会場の予約から席割、司会進行と普通総務庶務畑が担当する役目をやりました。まったく。。。

 相談役は社長に就任した途端に大掛かりな製品リコールや親会社による株式譲渡といった事件に直面しました。サラリーマン社長とはいえ企業トップの座についたにもかかわらず周囲の状況に翻弄されることが多く、忸怩たる思いをされていたのではないかと思います。今回のリタイアも、本人の意思というよりは新しい親会社の子会社・関連会社規約に基づくものです。まあなんといえばよいのか。
 
 それはさておき、歓送会で酒を呑みながらふと思ったことは、「仕事の手放すとき」のことです。
サラリーマンであれ自営業であれいつかは仕事を手放すときが訪れます。
 20代、30代のときは上司や先輩の定年退職に接しても考えもしなかったのですが、50代が近づくとそうそう他人事と眺めているわけにはいかなくなりました。
 老いて後進に仕事を渡すにしても、誰かに強制的に「手放させられるか」、自分が納得して「手放す」のとどちらがよいかなんて、選択肢を設けること自体ナンセンスです。
 しかし何があるか先のことはわかりません。中高年が自分なりに仕事人生の格好のいい中長期的計画をたてても一瞬にして無意味なものになってしまう可能性は高いのではないかと思うのです。(だから無計画でもよいということではないのですが)
 
 何が起きても自分を納得させることができるようになるにはどうすればいいのか。

 若いとき以上にというか、中高年こそ仕事の一瞬一瞬を無駄にできないということでしょうかね。

 なんかしみったれた話になってきたので、今日はこれにて。
 
 
 

関連記事
スポンサーサイト

カテゴリ:備忘録・雑感

2013/08/28 Wed. 22:20 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

« 後半戦へ
正しい会社の売られ方 人材3 »

コメント

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://msutenatakano.blog.fc2.com/tb.php/130-32607556
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。