06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--/--/-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

一喜一憂 

  最近なんだか若い世代の肩に力が入っている姿をみることが多いので。

 僕はR50世代なので、SNSやブログを介してお付き合いしている若い企業法務パーソンの方たちとは10歳、下手をすると20歳近く年齢が違います。
仕事の話では若い方から刺戟を受け(ほとんど一方的に受けている側ですが)共有できる話題では相応に話ができるのですが、埋めようのない溝、差というものがあります。それは10年後、20年後の話になったときです。
10年経ってようやく40代の人と還暦を迎えてしまう人間に同じ未来が訪れるかといえば余程のことがない限りそんなことはないわけで、これは仕方ないことです。

 30代の人が10年後、20年後を見据えて今からキャリアプランを練ることそれ自体に異論はありません。僕らの少し上の世代と違って終身雇用制度やら年金制度がまったく当てにならないのですから、自分のいく道は自分で切り開いていかざるをえないと危機感をおぼえ、真剣に考え行動するのは当然です。(いやR50世代も危機感がないわけではないのですが、それはまた別のときに)

 ここでおっちゃん的かつ月並みなことを敢えていわせていただくと。。。

 僕にも30代のときはありました。それなりにキャリアを積んでいたつもりでしたが、今はそのときに考えもつかなかったポジションにいます。そしてなんというか40代以前よりも色々な目に遭遇しています。
 誰も未来のことを言い当てられないように、完璧な将来キャリアプランというものもないでしょう。むしろ30代を過ぎてから、本当の仕事の怖さとか所属組織のあれこれにぶつかる機会が本格的に増えると思います。自分が建てたキャリアプランとの差異に気づき、または着々とステップアップしている(ようにみえる)友人の姿をみて焦る、嘆く、悩む、落ち込むこともあるし、またその逆のこともあるかもしれません。一喜一憂する時期です(僕はそうでした)
 しかし繰り返しになりますが、10年、20年にわたる確かな未来などないわけで、特に企業やその仕事についてはもっとあっさりと予想された未来が覆ると思っています。(ほんとにそうですよ)
 組織や仕事、キャリアアップに真剣に取り組むなかでちまちまと何かが起こったとしてもそのことで一喜一憂するのは時間がもったいないと思います。

 一喜一憂するなら家族や恋人、大事な人のことのほうがいいですよ。

 と、なんだか破綻してきたので今夜はこれにて。


 
関連記事
スポンサーサイト

カテゴリ:備忘録・雑感

2013/06/12 Wed. 23:41 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

« 事務局がサポートする?取締役会
正しい会社の売られ方 売れればよいのか 3 »

コメント

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://msutenatakano.blog.fc2.com/tb.php/120-77e63fdd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。